ネットワーク」カテゴリーアーカイブ

NETGEAR 10Gbpsスイッチ XS508M-100AJSについて

NETGEAR 10Gbpsスイッチ XS508M-100AJSをしばらく使ってみての感想のメモです。

購入したのはXS508Mなのですが、他にも候補があってQ-NAPの QSW-1208-4CとNETGEARのMS510TXで悩みました。
それぞれの仕様としては、 XS508M が10Gbps7ポート、10GbpsとSFP+の共用で1ポート。
QSW-1208-4CがSFP+4ポート、 10GbpsとSFP+の共用で4ポート 。
MS510TXが 10Gbps 1ポート、 10GbpsとSFP+の共用で1ポート、 5Gbps2ポート、
2.5Gbps2ポート、1Gbps4ポートの計8ポート。

続きを読む

NASのバックアップを10GbE環境に変更しました

前まではReadyNAS 526xのバックアップとして、衝動買いした小型PCに4ベイのHDDケースをつなぎ、それをDrivePoolで単一のボリュームとして構成しバックアップを取っていました。

1.以前のバックアップ構成(1GbE環境)
続きを読む

NASのデータのバックアップについて考えてみました

ReadyNAS 526Xのデータをバックアップするためにどんなやり方がいいか考えてみました。
526xはRAID5で構成しているので、HDDの故障は1台までなら大丈夫なようなので
すぐ全部のデータが無くなるという心配は少ないかなと思っています。
といっても、壊れたら嫌なのでもう1台バックアップ機を用意して定期的に全データをバックアップするような方式にすることにしました。

大容量のデータをバックアップするためにデータ領域をどうやって構成するかについては色々あります。
1.もう1台NASを用意する(既成品、自作NAS)
2.Windowsの機能の記憶域スペース/プール機能を使用する
3.StableBit DrivePoolを使う
4.VVAULTを使う
5.Windows Serverを使う

続きを読む

データ集約のためReadyNAS 526xを導入しました

PCを何台か持っているとデータが分散化してしまって、データを探すのも面倒になってしまうので一か所に集めてしまって管理できないかと思いNASを導入することにしました。
NASを買うのは2台目でQNAP TS-220を使っていて便利なのは知っていたので、次は性能のいい10GbE対応のもので検討しました。

10GbEとなると選択肢が悩ましいのですが 、4つほど考えました。
1.自作する
2.NETGEAR ReadyNAS 526X 6ベイ
3.Synology DiskStation DS1817 8ベイ
4.QNAP TS-431X2 4ベイ
自作もしてみたかったのですが、コストと管理が面倒なのとなにより期待した性能がでない不安もあり今回は既製品のReadyNAS 526xにしました。自作はまた余裕のある時にチャレンジしたい。

続きを読む

MVNOの見直しをしてみる

以前からSIMフリー端末でMVNOの格安SIMを利用していたのですが、週末などの通信速度低下が気になっていたのでMVNOの見直しをしました。

今使っているのは、IIJmioのSMS機能付きSIMなのですが、新たに通信速度が速いというUQ mobileのデータ高速プランを契約してみました。

続きを読む

自宅のWiFiがつながらなくなってしまった時にしたこと

自宅のWiFiがつながらなくなってしまったので試したことのメモ。

現在使っているルーターはBuffaloの「WXR-1900DHP2」なのですが、今までもWiFiがつながらなくなる時がたまにあり、その時はたいていルーターを再起動すれば直っていました。

ただ、今回は再起動しても改善しなかったので故障してしまったと思い買い替えも検討していましたが、ふと「Raspberry Pi 3 Model B」を同じネットワーク上で動かしていたなと思い、これのWiFiやBluetoothをOFFしてみたところルーターのWiFiがつながるようになりました。

WiFiも干渉することがあるんだと勉強になりましたし、ルーターを買い替える必要もなくなったので良かったです。

・2019年5月5日追記

同一ネットワーク内でSoftEtherを使用した場合に、WiFiやインターネット自体がつながらない症状がでました。対策が分からないのでSoftEtherを使用する際は気を付けた方がいいです。