Windows Defenderが起動できなくなった

Windows Defenderのリアルタイム保護がいつの間にか無効になっていて、有効にしようとしたらOSごとフリーズしてしまい、強制シャットダウンしないといけなくなってしまった時のメモです。

色々試してみたのですが、復旧までにしたのは

1.Googleドライブに使用するソフト「パックアップの同期」をアンインストール(シャットダウン時に邪魔をして電源が落ちなかったことがあるため)

2.セーフモードでWindowsを起動して、Windows Defenderの起動を試みる。このとき起動はできるようになったのですが、定義ファイルの更新は失敗しました。

3.Windowsを通常に起動して、Windows Defenderの定義ファイルを更新。

これで、今のところ問題はなくなりました。

Windows10では、まだシステムのバックアップをしてなかったのでこれも勉強になりました。USBメモリで回復ドライブを作成、「バックアップと復元」でシステムイメージをバックアップできます。これはWindows10の標準の機能でできるのでひとつ作っておくと安心だと思います。

ちなみに回復ドライブを使おうとして、USBメモリをUEFIでブートするとシステムイメージが復元できなくてあせったのですが、起動するときにF8キーを押してUEFIでない従来通りのブートの項目を選んだら復元が出来て一安心しました。

 

見慣れないブルースクリーンエラーで困った話

今使ってるPCはwindows10なのですが、よくわからないブルースクリーンエラーが出るようになったのでその時の対処メモ。

症状としては前触れもなくいきなりPCが再起動してしまうもので、PCの負荷の軽い重いに関わらず出る感じでした。

エラー画面に「UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP」とでていたので調べてみると死のブルースクリーンと言われていて正直焦りました。

以下の記事を参考にして、自分の場合PCをオーバークロックしていたので定格動作に戻してみました。

「予期しないカーネルモードのトラップ”死のエラーのブルースクリーンへのガイド”」

そうしたところ、今のところいきなり再起動したりはなくなったのでオーバークロックが原因のようでした。おそらくオーバークロックの設定が悪いと思うけども、最適な設定ができないのでしばらくはこのままにしておこう。